スポンサーサイト

2013.11.20 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    木多崇将と空気を読むトレーニング方法

    2013.11.20 Wednesday

    0


      話のうまい人と同じようなことを言っているはずなのに、向こうはみんなが大爆笑して、こっちはシーンと静まり返るような状態だったとしても、
      自分の会話で何がずれていたのかはっきりと原因を理解することができ、会話の腰をがっしりつかんだ楽しい話ができるようになる方法がこちら





      あなたがもし、笑いのセンスを身に着けたいとか、相手をうまく思いやる気持ちを持ちたいと考えているのであれば、

      木多崇将さんの人に好かれる会話術は、期待を大きく裏切られることになりかねません。


      というのも、人に好かれる会話術でゴールに設定されているのは、あくまでも、コミュニケーションを円滑に進めることで、

      そのために、相手が自分のことを自分から話をしてくれる状況を整えていったり、その場の環境を利用して、

      瞬間的に会話のきっかけを生み出すテクニックを覚えていくことになります。


      人に好かれる会話術であなたが手に入るのは、コミュニケーション能力を高め、みんなに話しかけてもらえたり、気にかけてもらえる存在になることで、

      相手を思いやる能力が高くなくたって、笑いのセンスがなくたって、そういったステージへとたどり着くことは十分に可能です。


      実際に、コミュニケーション能力の高い人たちというのは、知らないうちに会話のテクニックを使っているケースが多く、

      そのおかげで、相手の本心をうまく探っていたり、自分の気持ちや考えを相手にスムーズに伝えることができているにすぎません。


      あなたが今、人間関係や会話の仕方で悩みを抱えているのも、テクニックを知っているかどうかの影響が非常に大きな影響を与えており、

      単に「聞き上手」になるだけで、コミュニケーションが円滑になるわけがありません。


      ちなみに、「話上手は聞き上手」というフレーズは、決して間違っているわけではありません。


      でも、聞き役に回ってうまく相槌を打っているつもりでも、会話の温度がまるで温まらないのは、聞き上手に回るのは、実はある程度の人間関係が出来上がっていることが前提で、

      初対面で相手の素性がまるで分らない状態で聞き役に回ったところで、会話がうまく盛り上がるわけがありません。


      あなたが聞き役に回るほど、相手から言葉を引き出していくことが先決で、木多崇将さんの人に好かれる会話術では、そのためのノウハウが、具体的にまとめられているというわけです。


      たとえば、相手のことを知るためには、質問をしていくのが一般的なやり方となりますが、この方法だと、少なからず、相手を質問攻めにしてしまい、

      相手にインタビューをするような形になってしまうだけです。


      そこで、木多崇将さんの人に好かれる会話術では、ノウハウを駆使して、あなたの発する言葉に対して、相手も自分の情報を自然に話したくなる環境を作っていきます。


      たとえば、趣味を聞くにしても「趣味は何ですか?」を聞くのではなく、「僕は将棋が趣味なんですよ。○○さんは将棋が得意そうですね。」みたいに、

      アレンジを加えることで、自分の趣味を相手に知らせることができますし、相手の趣味や特技についても、直接聞くよりスムーズに話を聞けるようになります。



      デート中の沈黙なんか恐れることがなくなる木多崇将さんの人に好かれる会話術で、心の壁を一瞬で打ち砕くポイントをこちらでも詳しく紹介しています。



      野球キャッチャー育成プログラム 定詰雅彦 口コミ評判
      脳内アップデート|聴くだけで集中力アップ 効果レビュー
      川井式喘息改善エクササイズ 川井太郎  評判レビュー

      JUGEMテーマ:恋愛テクニック


      スポンサーサイト

      2013.11.20 Wednesday

      0
        関連する記事